健康経営を推進する組織開発プロジェクト

ヘルスリテラシー

ヘルスリテラシーのイメージ

ヘルスリテラシーの向上を目的とし、健康に関する知識と行動の実践を促進します。

セルフマネジメント

セルフマネジメントのイメージ

セルフマネジメント力の向上と習慣化を目的としています。健康活動を行うと、時間管理や自己管理を自発的に行うことにつながります。

コミュニケーション開発

コミュニケーション開発のイメージ

職場のコミュニケーション開発を目的としています。チームや職場に共通の話題を提供し、お互いの職場以外の素顔を知ることで相互信頼につながります。

健康100日プロジェクト

健康100日プロジェクト®を実施して得られる成果

自発的な健康行動につながり、結果として健康増進につながります。
また、組織内(運用によっては組織を横断して)のコミュニケーション促進につながっています。
これらは取り組まれた企業・団体さま共通で生まれた成果です。

コミュニケーション活性化

福井改善した人が80%

中性脂肪の平均値が大幅低下

BMI改善87%

健康活動を続けたい人98%

導入された企業様の声

ロート製薬様

ロート製薬さま社員の中でも今まで健康に興味がなかった人の意識は変わったと思うし、特に活動を通じて成果が出ている人、変化を実感している人に言えると思いますが、多かれ少なかれ、仕事をする上でも自信につながりますよね。

SGホールディングス様

SGホールディングス様業務の一環として始めたメンバーもいましたけれど(笑)始めてみると、みなさん予想よりずっと積極的でした。
コミュニケーションがしやすくなったことが、仕事に活きると身をもって実感している参加者も多くいました。

永伸商事様

永伸商事様残業が少なくなりました。生活習慣が整って無駄にダラダラと仕事をしなくなりました。もう一つ大きな変化がありました。それはポジティブな健康に関する話題が職場に非常に増えたことです。これまで話題にも上らなかったのに。それもよくありがちな病気自慢じゃなくて(笑)

赤田善様

赤田善様普段離れて勤務している者も含めて部署を横断したグループ編成をしたので、他部署が何をしているのか、仕事に関しても理解が深まったり、業務上のコミュニケーションも取りやすくなった側面があります。
従業員全体の健康意識の向上や、コミュニケーション改善という意味で、大きな成果があったと思います。

ご評価いただきました。

2013年11月: 第10回日本e-LeraningAwords 厚生労働大臣賞 受賞

2014年12月:健康100日プロジェクトが健康科学ビジネスベストセレクションズに入選

2015年10月:厚生労働省の活動「スマート・ライフ・プロジェクト」にて健康100日プロジェクト実施

健康100日プロジェクト®とは?

がんばり可視化WebアプリHabi*do(ハビドゥ)」で実施する組織開発・健康増進プログラムです。

健康100日プロジェクトは、ひとりひとりに健康行動の習慣化を促し、セルフマネジメント力の向上とイキイキ職場を実現します。

対象は、健康リスクのあるなしに関わらず、社会人として自己管理能力向上を高めたい人を対象とします。

健康経営の取り組みにおいて、従業員の健康意識の向上、日頃の自発的な健康行動の推進を目指している企業組織に適した取り組みです。

健康経営をはじめるきっかけづくりにご活用ください。

健康100日プロジェクト®を実施するおすすめの運用(Habi*doについて)

がんばり可視化WebアプリHabi*do

健康100日プロジェクト®を実施しただけるプラットフォームのHabi*do(ハビドゥ)はWebアプリケーション(クラウドサービス)です。
パソコンやスマートフォンのブラウザをご利用いただきます。

目標・習慣・タスク・学びを可視化し共有。グループの仲間と励まし合います。
自己効力感を高めることで行動変容を促進するメソッドに基づき設計された仕組みです。

オンライン上でデジタルのサンクスカード(※スタンプ機能)のやり取りも可能です。
健康学習や提出課題管理にも最適。
組織の従業員エンゲージメント向上にお役立ていただけます。

おすすめの運用方法はHabi*doを組織全体で導入し、年に1度全社または部門単位で健康100日プロジェクトを定期的に実施することです。

導入に関するご相談はお気軽にお問合せください。

ご相談・お問合せはこちら

資料ダウンロードはこちら

健康100日プロジェクト®の効用

Health Literacy

1.ヘルスリテラシーの向上

ヘルスリテラシーとは健康情報を獲得し、理解し、評価し、活用するための知識、意欲、能力です。それによって、日常生活におけるヘルスケア(医療)、疾病予防、ヘルスプロモーションについて判断したり意思決定をしたりすることで、生涯を通じて生活の質を維持・向上させることができると言われています。

健康100日プロジェクトは、社会人、または組織人として、健康に関する知識と行動の実践により、自分にあったヘルスリテラシーを理解し、より関心を深め、健康的な行動習慣を身に着けることを目的にしています。

Self Management

2.セルフマネジメント力の向上

健康行動を日常生活の中に取り入れることで、時間管理や自己管理を自発的に行うことにつながります。

健康100日プロジェクトは毎日の健康行動を楽しく、習慣化させることで、前向きな意欲を高め、タイムマネジメントなど自己管理を自発的に行うことを目的にしています。

communication

3.職場のコミュニケーション開発

「健康活動」を共通目標として、チームで一定期間取り組むことで、チームメンバーや職場に共通の話題を提供し、職場のコミュニケーション開発を行います。

また、同じチーム内で、健康の話題を提供することで、職場以外の素顔にも触れるため、互いの信頼感が高まることでイキイキ職場づくりを実現します。

 

従業員の健康意識を高める健康経営のきっかけづくりに最適。

健康にイキイキと。シェイプアップして若々しく。
そんな思いを持っていても、なかなか健康習慣を身につけるのは難しい。

でも「チームで目標を持って、みんなと励ましあい、競いあう」と100日間で健康習慣が身につきます。
また100日間、チームで励ましあったり、競い合うことでコミュニケーションも活発に!

100日間、健康活動を競い合うまったく新しい健康イベントです。

どんな活動なのか、イメージ動画をご覧ください。

 

それぞれの健康目標をチームメンバーで競い合い、励まし合いながら100日間で目標達成を目指します。スマートフォン、タブレット端末、パソコンを使って、どこからでもアクセスでき、チームワークも体験できる新感覚の健康チャレンジです。ゲーム要素で楽しく活動できます。

ぜひ、仲間と一緒に「健康100日プロジェクト」にチャレンジしてください。

健康100日プロジェクト®の特長

ポジティブアプローチの基本健康コンテンツ

行動変容支援ツールを活用します

バーチャルガイドのミカさんの応援が強力です。(オプション)

 

インターネットがあればどこからでも参加できるチャレンジ

取り組むグループが決まったら、キックオフミーティングと称して、目標を宣言し共有するような顔合わせをしても良いでしょう。
また、組織活性化を狙うならば、表彰や褒賞と組み合わせ組織開発イベントとすることで参加者を巻き込みやすいでしょう。

健康100日プロジェクトの実施イメージ

  • 健康100日プロジェクトを実施するためのHabi*doは、スマートフォン、タブレット端末、パソコンのどこからでもアクセスできます。
  • チームメンバー同士の目標共有、行動の応援、ポイントや獲得バッジが表示されます。
  • おすすめする行動リストが表示され、健康の「やることリスト」が作れます。もちろん、ご自身でも「やることリスト」をつくれます。
  • 目標に応じた実践テキストは「コンテンツ」をクリックしてください。
  • 体重の変化や毎日の行動データをグラフ化して記録できる「マイデータ」も設置。

健康習慣や意識向上、コミュニケーション活性化につながるポイント!

  • チームで励ましあうことで、健康活動が継続できる
  • メンバー間で競いあうことで、やる気アップ
  • ポジティブな共通の健康の話題が職場に増える
  • チーム間で競い合うことで、チームや職場の一体感が生まれる
  • 最新研究に基づいた健康情報を提供。100日で健康意識が高まる
  • すぐにつながりにくい成果も、日々の積み重ねが達成感につながる
  • 立てた目標も、日々の行動の積み重ねにより達成につながる

実施・導入について

健康100日プロジェクト®は「がんばり可視化WebアプリHabi*do(ハビドゥ)」にて実施いただけます。

導入支援・プロジェクト企画運営支援、キックオフミーティングやバーチャルガイドのオプション導入などをご希望の場合は、お問合せください。

資料ダウンロードはこちら

ご相談・お問合せはこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社Be&Do All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.